血流が悪くなる血栓や食事を見直すことで予防できる

体のお悩みに

栄養補助食品

ユーグレナはビタミンB2やビタミンB6の成分が入っているので、健康増進効果や美容効果があります。しかも、デトックス効果として中性脂肪やコレステロールの排出や便秘解消などもあります。妊婦の人にもつわりの改善などが認められます。

More Detail

健康効果の高い配糖体

サプリメント

動脈硬化につながるものにコレステロール値の上昇があります。しかしサポニンには悪玉コレステロールを排除してコレステロール値を低下できる特徴を持っているのです。他にもナチュラルキラー細胞の活性化や肥満の予防まで出来ます。

More Detail

合併症が怖い生活習慣病

コップとサプリを持つ人

日本人の糖尿病患者のほとんどは遺伝ではなく生活習慣などが原因で発症しています。糖尿病が怖いのは合併症です。失明したり足を切断したり、心筋梗塞や脳卒中などの発症率が高くなります。規則正しい生活を送り、食事と運動に注意が必要です。血糖値を上げないためにはサポニンやマグネシウムのサプリメントを服用します。

More Detail

毎日の摂生が肝心です

男女

危険性を回避するために

血栓は血管に生じて、血流を滞らせてしまいます。ただし、血液や血管が健康な状態にあれば何ら問題はありません。血液中の悪玉コレステロールや、中性脂肪が増加するにつれて血管が狭くなり、場合によっては血管を傷つけたりしているわけです。その傷を修復するために、血液を固める作用を持つ血小板等によって血栓が生じるという仕組みです。血栓を予防するには2つのアプローチがあります。一つは血流の流れそのものを普段から良くするように心掛ける事であり、もう一つが出来かけている血栓を溶かす事です。それぞれの予防方法を食生活の面で具体的に挙げてみましょう。血流の流れを良くする、所謂血液をサラサラの状態にするのがEPAです。青魚の脂肪に含まれており、同時にDHAを摂取するとより効果的です。

少しずつ改善を

他にも緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、コレステロール値を下げる効果があります。また、海藻類に含まれるヌルヌルした成分のアルギン酸にも、やはりコレステロール値を下げる効果があります。これらの効果を持つ食品を摂るように習慣づけるとともに、高コレステロールや中性脂肪の多い食品の摂取は徐々に減らして、血流が滞る状態を予防するようにしましょう。出来かけている血栓を溶かす効果のある食品を挙げてみましょう。筆頭は納豆です。納豆に含まれる酵素のナットウキナーゼには血栓を溶かす効果があります。同時に、納豆が持つその他の酵素の中に血液をサラサラにする効果もありますので、積極的に摂りたい食品です。食品から血液をサラサラにしたり、血栓を溶かす効果を持つ成分を摂取することが難しいと感じる場合は、サプリメントの活用も検討しましょう。血栓を予防するためには毎日少しずつ今までの習慣を変える必要があります。気軽に始められる方法から取り組むことが肝心です。